ファイナンシャルプランナー試験の概要

ファイナンシャルプランナー試験の概要

ファイナンシャルプランナー試験を実際に受ける前に、ある程度の準備として試験の概要を知っておきましょう。

ファイナンシャルプランナー試験は大雑把に分けてしまうと1級、2級、3級に分かれており、一般的には3級から順に受験していくことになります。

当然級が上がる毎にその難易度は上がっていき、その合格率も低くなっていきますので、税理士や会計士の勉強をしている人を除いた人は下の級から受験をした方が挫折が少なくなるかもしれません。

ここではそんなファイナンシャルプランナー試験の日程や合格率、受験資格などをそれぞれご紹介していきます。

ファイナンシャルプランナー3級の概要

  • 受験資格・・・なし
  • 試験日程・・・1月、5月、9月(年3回)
  • 試験形式・・・学科試験・実技試験(共に筆記試験。二次は事例形式)
  • 合格点・・・学科:60点中36点 実技:50点中30点
  • 合格率・・・およそ68%前後
  • 受験費用・・・学科・実技それぞれ3000円

ファイナンシャルプランナー試験2級の概要

2級からの試験は3級を実施している「金融財政事情研究会」が実施するものと、「日本FP協会」が実施するものがあります。

この2級試験を受ける前に「日本ファイナンシャルプランナー協会認定講座」修了した人は合格すると同時にAFPという資格も同時に取得することができます。

またこの研修を受けていない人はファイナンシャルプランナー2級のみの取得となります。

  • 受験資格・・・3級合格者・ファイナンシャルプランナー業務に2年以上従じたもしくは協会の研修を終了した者
  • 試験日程・・・1月、5月、9月(年3回)
  • 試験形式・・・学科試験・実技試験(共に筆記試験。二次は事例形式)
  • 合格点・・・学科:60点中36点 実技(金融財政事情研究会):50点中30点 (日本FP協会):100点中60点
  • 合格率・・・およそ35%前後
  • 受験費用・・・学科:4200円 実技:4500円

ファイナンシャルプランナー1級の概要

  • 受験資格・・・2級合格者・ファイナンシャルプランナー業務に5年以上従じたもしくは「金融渉外技能審査2級」合格者でFP業務に関し1年以上の実務経験を有する者
  • 試験日程・・・学科試験:1月、9月 実技試験:(金融財政事情研究会)2月、6月 (日本FP協会)9月
  • 試験形式・・・学科試験・実技試験(金融財政事情研究会の場合は口頭試験)
  • 合格点・・・学科:200点中120点 実技(金融財政事情研究会):200点中120点 (日本FP協会):100点中60点
  • 合格率・・・学科:およそ10%前後 実技:およそ80%
  • 受験費用・・・学科:8,900円円 実技:(金融財政事情研究会)25000円、(日本FP協会)20000円