FPの就職事情と求人情報

ファイナンシャルプランナーの就職

ファイナンシャルプランナーの資格に限らず、多くの方が資格を取る場合その先の就職や転職を頭に入れていると思います。

そこでファイナンシャルプランナーの資格を取った人がどういった業種や職場に就職、転職をしているのかを見ていきましょう。

しかしここでご紹介する業種などは、あくまでファイナンシャルプランナーの知識に沿った業種ということですので、この資格を取得した全ての人が次にご紹介する業種に就職するというわけではありません。

そういったことを踏まえて、あくまで参考としてファイナンシャルプランナーと就職の関係を見ていただければと思います。

ファイナンシャルプランナーの就職先

ファイナンシャルプランナーとしての知識が活かせる職業としては、銀行、信託銀行、郵便局、証券会社、生命保険会社、損害保険会社などがあり、これらの金融機関で行う顧客のための資産運用計画の提供などが主な業務となっています。

またこれら金融機関の他にも不動産の仲介などの業種も同じ資産運用のアドバイザーとしての仕事も挙げることができるでしょう。

現在日本ではこの資産運用のプランニング自体に料金を支払うという習性がないためか、これらの業種で働く場合、自社の商品を営業しながら顧客にそれに沿ったプランニングを提供するということが主な業務となっていますので、幅広い意味でのファイナンシャルプランナーとしての役割とは少し変わってくるかもしれません。

またこれら企業に属したファイナンシャルプランナーの他にも自分で会社などを立ち上げ、自分で独立でファイナンシャルプラン業を行う場合もあります。

しかし独立したファイナンシャルプランナーの場合、税法やその他の法律に関してのアドバイスをすることは法律で禁じられていますので、実際に行うことのできる業務というのが限られているのが現状です。

ただまだこの分野は世間に認知され始めた職種ですので、これから先新しいファイナンシャルプランナーとしての仕事の方法が見つかってくるかもしれません。

資格は就職に万能ではない!

これはファイナンシャルプランナーに限らず全ての資格に言えることですが、資格を取ったからといって決してそれだけで就職が決まるということはありません。

しかし資格取得という目標のために努力をしてきたという事実だけは必ず就職や転職の際にも評価の一つとなるでしょう。

こういった資格だけではなく、他人とのコミュニケーション能力や笑顔などを出して朗らかな印象を与えるなどの、人間そのものとしての魅力も同時に磨く努力も忘れないようにしましょう。