ファイナンシャルプランナーの年収

一般的な収入は?

ファイナンシャルプランナーのような専門的な職業に就こうと考えたとき、どうしても気になるのがその職業の平均的な年収だと思います。

ファイナンシャルプランナーとして人様の役に立ちたいという考えは当然誰しもが持っているとは思いますが、自身も生活していかなければいかないことを考えると当然その収入というものにも目がいくことでしょう。

自分のやりたいことや得意なこと、そして年収などもしっかりと考慮に入れてみてから実際にその資格の取得を目指のも良いかもしれません。

ファイナンシャルプランナーはお金に関する専門的な職業であるにも関わらず、公認会計士や税理士などに比べるとその平均年収はどうしても下がってしまいます。

これは資格取得難易度からしても当然のことといえば当然のことなのかもしれませんが、独立をしない限りはそこまでの高年収は期待しない方が現状では無難かもしれません。

もっと詳しく言ってしまうと、企業などに属して働く場合はサラリーマンの平均年収がそのままファイナンシャルプランナーの平均年収と考えても良いと思います。

アメリカなどでは自分の人生設計などをファイナンシャルプランナーなどに依頼するということは、一般的に行われているのですが、日本ではまだまだこういった土壌は出来上がっていません。

そのため年収としてもそれほどということになってしまっているのかもしれませんね。

しかし最近では一般の人の金融に関する関心も非常に高くなってきており、これから先はこの今の平均年収というものは当てにならなくなってくる可能性もあります。

ファイナンシャルプランナーの未来は明るいと考える方は、今からしっかり準備をしておくことで、先々の年収にも大きな影響を与えてくるかもしれませんね。