ファイナンシャルプランナー3級 テキスト

合格のためのテキストの使い方

ファイナンシャルプランナー3級試験は難易度はそこまで高くはないとは言え、範囲だけとると結構な広範囲となるのである程度覚悟は必要になってきます。

この広範囲の問題をもれなく勉強するというのは中々に骨の折れる作業となりますが、それでもやはり効率的な勉強法というものはありますので、そちらを参考にして是非最短合格を目指してもらえればと思います。

まず独学で試験の勉強をする方は、少なくともテキストと問題集、過去問題集などは必要になってきます。

そしてまったく初めてファイナンシャルプランナーの問題に触れると言う方は、まずはテキストを軽くで良いので、2,3回通して読むようにしてみましょう。

その中で多くの理解できない部分も出てくると思いますが、とにかく気にせずに軽く読み流すようにします。

その際に分からないところにある程度印などをつけても良いと思いますが、別にそれはやらなくて構いません。

そしてその次にちょっと問題集や過去問題集の問題を見てみると、ある程度の問題は簡単に解く事ができるようになっていることに気づくはずです。

実は人間って簡単に読み流したものでも、ある程度であれば少なからず脳みそにその情報は残っているものなんです。

この流し読みの回数を増やせば増やすほど当然覚える量というのも比例して増えます。

この読み流しによってある程度の知識をインプットさせると、後は分からないところだけテキストを熟読して学ぶということができますので、勉強法としては非常に効率的になります。

最短合格を目指すためにも是非お試しください。